羽田空港に着いたらレンタカーを利用しましょう~ラクラク観光術~

観光

必要なときだけ利用

女性とキャリーケース

車に対する考え方の変遷

これまで日本では高度経済成長期には一家に車を一台、という雰囲気がありました。電化製品が一通りそろうと、次は車、ということで、どんどん広がっていきました。そして、一通り行き渡ると、次は2台目を購入する人も出てきて、ついには、その車を自分なりにアレンジして、人とは違う車に仕上げることが、ちょっとしたステータスとして見られていました。 その後、バブルがはじけ、さらには成長期が終わると、車を購入するお金があろうがなかろうが、一つの趣向として考えられるようになり、必ずしも必要なものではない、という認識が広がってきました。そこで、ここに来て、必要なときに、必要な分だけ利用できるレンタカーの価値が見直されています。

TPOに合わせてレンタカーを利用

車を持つことに対するステータスを取り除けば、保持することと、利用することのコストも含めた天秤にかけることになります。保持するためには、駐車スペースも含めた維持費用を算出する必要があります。すると、都会では、普段の生活を考えると、レンタカーの存在が浮上してきます。多人数で遠出する場合や、スキー、キャンプ、海水浴といった荷物を伴ったレジャーを楽しむときなどは、レンタカーが便利です。その都度、大きさを選べるということは、自家用車ではなかなかできません。TPOにあわせた方法で使い分けることのできるレンタカーは非常に便利なのです。さらに、現地に乗り捨て可能なプランも多く、さまざまな方法で使うことができ、今後、その用途がますます広がってくることが考えられます。